· 

菌は腸だけじゃない!?

糠漬け3年目

 

糠漬けをはじめてもうかれこれ丸2年。会員様のなかにも、糠漬け新人がじわじわ増えてきました。

 

 

でも最初は「何を漬けたらいいですか?」と不安顔。

 

 

「何を漬けても美味しいですよ。」

 

案外失敗なんてしないもの。

 

 

だけどゴーヤや葉ものは、糠床がごっそり減りますから要注意(笑)。わごいちの糠床は、院長先生のおばあちゃんから受け継がれてきた貴重な糠床。量が減るのは手痛い。

 

 

 

わごいち育成中の糠床
わごいち育成中の糠床

 

 

今回初チャレンジ、ウド。

 

皮を剥いて棒状のまま酢水に浸けて、それを糠床に漬けてみた。

 

 

衝撃の美味しさ!!!

 

 

 

糠の香りとウドの香り。上品でとんがったアクもなくて、とてもおすすめ。

 

 

 

ウドの塩麹漬け(左)とウドの糠漬け(右)
ウドの塩麹漬け(左)とウドの糠漬け(右)

手からエキス?

 

「お婆ちゃんの手から美味しいエキスが出る」

 

昔よく言いました。お母さんの手からも美味しいエキスが出る。

どうしてお母さんのおにぎりは、あんなに美味しいんでしょう。

 

 

「年の功で菌がいっぱいやからな~。」

 

 

 

これ、あながち嘘じゃないようなんです。

 

 

私の手は乾燥してて、スーパーでナイロン袋を開けるのにひと苦労です。

 

 

 

もう5年ほど前になるでしょうか。院長先生と参尽さんと私の3人で、誰の手が一番発酵が進むか実験したことがあります。

 

3人それぞれ手で混ぜて、塩麹を作ってみたんです。結果は皆さんの予想通り、残念な結果でした。

 

断トツ一番が院長先生で、次に参尽さん。私はというと……発酵が止まっているんじゃないか、と危ぶまれるほど微々たる発酵具合でした。

 

……あくまで5年前の話。今はもう少しエキスもでてるのか、ちょっといい塩梅の糠床になっていますよ。

 

 

ラップ派? 素手派?

 

いろんな種類のお野菜が入るのがいいようです。どうやら互いに切磋琢磨してくれるみたいなんです。タイプの違うお野菜が入ったあとは、糠床の様子も全然変わります。それがなんとも愛しい。

 

 

私は糠床には3つの要素が必要と思います。

 

一つは菌。一つは野菜。そしてもう一つは・・・人。

 

人の気持ち。その人の人間性。愛情などなど。

 

そういうものかと思う。

 

 

 

 

「手で直接握ったおにぎりなんて気持ち悪くて食べれない」

 

だからラップでを使って握る?

 

私は嫌だな。

 

大好きな人には思いっきり素手で握ってあげたい!

 

「私という人間を味わって」ってちょっと変だな。笑

 

 

 

わごいち特製玄米おにぎり
わごいち特製玄米おにぎり

 

 

 

糠漬けをはじめて食卓は潤うし、心は喜ぶし、おなかは整うし、自分が試されるし!(笑)

 

良いことづくめです。皆さんも是非、糠漬け友達になりましょう。

 

 

 

 

 

 

井上紙鳶