· 

いちご祭りと越後桜

路地ものいちご

 

あまりに可愛くて、買ってしまった。

 

いちご。

 

 

きっと路地ものかな。小粒で形の悪いのも混ざって、大容量。

 

 

 

「まりひめ」
「まりひめ」

 

 

一人暮らし、この大パック買って一体どうする?

 

自問自答、

 

 

の末、購入。

 

 

 

目が離せなくなったものだから。

 

 

 

いちご保存

 

いちごでお料理してみる。

日持ちできるものにまず仕込む。

 

 

ならばやっぱり、塩麴漬、そして酒粕漬。

 

 

 

いちごの塩麴漬
いちごの塩麴漬

 

 

 

いちごの塩麴漬け。

 

ナイロン袋にいちごと塩麴を入れて混ぜ、冷蔵庫に寝かせる。

 

 

 

いちごの酒粕漬
いちごの酒粕漬

 

 

いちごの酒粕漬。

 

酒粕とお酒、お醤油少々を混ぜた床に、いちごを漬けて冷蔵庫に寝かせる。

 

 

 

この二つをどう料理する?

 

 

 

たいたい的いちご料理

 

想像が楽しい。

 

発酵したいちごの香りは・・・・・

 

 

想像を超えた!

 

 

 

このままでもう十分出来上がり、なのだけど。

 

 

 

奥3つがいちごの酒粕漬、手前の6つが塩麴漬。
奥3つがいちごの酒粕漬、手前の6つが塩麴漬。

 

 

 

まずは味も出来上がりも想像できるサラダに。

 

◆いちごと春菊の塩麴サラダ◆

<材料>

・いちごの塩麴漬

・春菊(適当にざく切り)

・塩麴漬けの漬け汁

 

<作り方>

上記材料を混ぜ合わせる。

 

 

 

いちごと春菊の塩麴サラダ
いちごと春菊の塩麴サラダ

 

 

 

綺麗、華やか、簡単、美味しい!  

もちろんおなかに最高。

 

 

 

 

さて、次は火を入れてみたい。

 

酸味が引き立つフルーティー感、を目指す。

 

 

 

いちごと筍とこごみのホイル蒸し
いちごと筍とこごみのホイル蒸し

 

 

 

◆いちごと筍とこごみのホイル蒸し◆

<材料>

・いちごの塩麴漬

・筍水煮

・こごみ

・酒(少量)

・醤油(ごく少量)

・塩麴漬の漬け汁

・すりごま

 

<作り方>

上記材料をホイルで包み、3分加熱する。仕上げにすりごまをパラり。

 

 

いちごの形がなくなってしまった、これは想像外れてちょっと残念。

 

春のほろ苦さをいちごが包む。美味。

 

 

 

いちごとホタルイカの酒粕和え
いちごとホタルイカの酒粕和え

 

 

 

ラストはチャレンジレシピで。

 

 

◆いちごとホタルイカの酒粕和え◆

<材料>

・いちごの酒粕漬

・ボイルホタルイカ

・漬けた酒粕床

・日本酒

・粒マスタード

 

<作り方>

漬けた酒粕床を日本酒で練り、粒マスタードを混ぜ込む。いちごとホタルイカを混ぜ合わせる。

 

 

 

 

想像が及ばなかった。

結果から言うと、ホタルイカとは合わない。粒マスタードもこの調理法では合わない。

 

互いの主張が喧嘩し合ってしまった。

 

ごめんなさい。

 

 

 

想像する

わごいち いちご祭りの食卓風景
わごいち いちご祭りの食卓風景

 

想像したものが想像を超えていくのは面白い。

 

良いも悪いも面白い。

 

 

想像して創造する。小さな世界の膨らむ遊び。

 

 

それもこれも誰かと一緒、だからかもしれない。

 

 

 

越後桜
越後桜

 

 

お酒は毎月新潟から通ってこられるTさんから頂いた『越後桜』。

 

ご本人はお酒を飲まれないから、いつも「何を選んだらいいか分からなくて」と言われる。

 

その風景を想像するのが、またお酒を美味しくしてくれる。

 

 

 

ありがとうございました。

桜酒といちごで春満喫です。

 

 

 

 

 

 

 

井上紙鳶