· 

わごいち中毒!?

 

 

 

わごいちの弟子は二人。 

 

13年目の参尽さんと、8年目の私の二人。

 

 

 

8年ほぼ一緒に生活していても、ベタベタと仲良しじゃない。

 

 

どんどん先に進む師の背を追っている二人ですから、背中を追うのにそれぞれ必死。

 

 

 

 

 

実際、師の背は遠い。

 

例えば技術のことで言えば、私たちにはまだ癌細胞を見分けて触る手は養われていない。例えば大きく育った子宮筋腫を小さくすることはまだ出来ない。

 

 

師がどんなハラ揉みをしているか横で見ていても分からない。

 

 

 

 

だからこそ癌にならないように、子宮筋腫が育たないように、私たちはハラを揉み続ける。

 

 

皆さんの病気予防の助けになりたい。

 

私たちが始める新しい役割。「おなかドック」も始まった。

 

 

 

 

 

 

そして仕事上がり。

 

 

たまの二人で飲むお酒はまた格別。分からないものを追う、言わば同志。......ここにしかない刺激は中毒性がある、のかも(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ会員制になったのも、通う皆さんにも同じように中毒性があるのか。

 

......なんて話を、施術中に会員さんとしたんです。

 

 

 

わごいち中毒!?

 

 

 

 

 

井上紙鳶