· 

わごいち流フムトラークのつくり方

床の間にフムトラークを作ろう!

わごいち床の間
わごいち床の間

 

 

 

仕事終わりの静かなわごいち。日が長いこの時期、自慢の床の間にも柔らかな光が滲んで美しい。

 

 

 

そんな仕事上がり、わごいちには似つかわしくないものが。。。。

 

 

 

 

コンクリート?
コンクリート?

 

 

 

 

 

コンクリート???

 

 

 

 

 

石?
石?

 

 

 

 

 

石?????

 

 

 

 

床柱をフムトラークで囲む

 

また一つ改装が始まりました。

 

わごいちの部屋は、基礎工事以外、壁も床も天井も、それから赤畳の部屋も更衣室もこの床の間も、全部私たちの手作りです。この”私たち”は、わごいちスタッフにわごいちファミリー、会員の皆さんやわごいちの改装を手伝いたい!という有志の方までを含む私たち。

 

多くの人の手と心が入ったわごいちの空間です。

 

 

 

床の間?
床の間?

 

 

 

今回の改装場所はここ。床の間の大黒柱の立つその床面。

 

この大黒柱も院長先生が立てられたんですけれどね。

 

 

 

ずっと作りたいね、と話していたもの。だけどなかなか大掛かりで、本当に出来るかどうかも分からない。

 

それでも作りたい情熱は燃える一方で、ついにこの日が。

 

 

 

微調整中
微調整中

 

 

 

 

丹念に微調整をする売院長先生。

 

 

一体こんな場所に何を作ろうと言うのでしょうか。

 

 

 

フムトラークとの出会い

 

このブログで初めましての方は初耳のことと思います。ずっとわごいちファンでいて下さる皆さんは、よく覚えておいででしょうか。

 

 

4年前の春。院長先生、左距骨骨折大事件。

 

手術もギブスも固定さえも拒否し、ご自分の理論を信じ通して自力で治した奇跡の大事件でした。

 

画像をクリック頂くと、距骨骨折について以前に書いたブログに飛びます。
画像をクリック頂くと、距骨骨折について以前に書いたブログに飛びます。

 

 

 

その回復途中、大変お世話になったもの。毎朝出勤前に通われたあの場所。

 

 

あれをわごいちにも作りたい。

 

 

 

それがこちら↓

 

 

 

健康歩道フムトラーク
健康歩道フムトラーク

 

 

 

「健康歩道 フムトラーク」です。

 

 

色んな形に飛び出た石が敷き詰められた歩道。これがなかなかの刺激的な歩道で、歩くと汗が噴き出ます。・・・踏む効果で代謝アップ? いえいえ、それもありますが、単純に「足裏痛い!!!!」です。

 

 

 

 

 

 

4年前の冬の院長先生。

 

まだ骨壊死の恐れが払拭しきれずの時期、足首を柔らかくするため、血流を活性化させるため、寒い冬風の中毎朝通われていた日を懐かしく思い出します。

 

 

 

 

ちょっと失敗

炭入りコンクリートを手作りかき回し棒で練る!
炭入りコンクリートを手作りかき回し棒で練る!

 

 

 

コンクリートには炭を砕いて練り込みました。かき回し棒も手作りなところがわごいちらしさ。

 

 

目測誤り、コンクリートの量が少なくて・・・、これもわごいちらしさ。

 

しかたなく一回目の改装は3分の1だけ。

 

 

  

 

コンクリート流しいれ終了
コンクリート流しいれ終了

 

 

改装にはいろいろな素材を使ってきましたが、コンクリートはさすがに初めてで、色々試行錯誤。

 

さて石を並べましょう。

 

 

石を並べる弟子二人
石を並べる弟子二人

 

 

 

石の向きが大事。とんがりを上向けに(笑)

 

痛みを想像してちょっとSな顔をしているはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残りの改装のことはまた次回に。第2弾の予定についても計画中ですので、その事も一緒に近日中に書いていきますね。

 

 

間もなくわごいち新名物のお座敷フムトラーク、お披露目です。

 

そして長きにわたった床の間制作も、いよいよ大詰め。

 

 

 

 

 

井上紙鳶