· 

名古屋から母娘で、おなかドック体験。

「おなかが大事だと思うんです」

 

 

名古屋から、母娘でおなかドックに申し込まれたお二人。

 

 

お母様の方が、以前からおなかに関心があったそうです。21歳の娘さんと、まだまだ若いお母さんと。

 

 

先にお母さんから検査です。

 

 

お食事も気をつけられ、『お腹美人ダイエット』を買ってハート呼吸も実践されていたとか。ですが、やはり実際におなかに触れて検査してみると、ガスたまりが多く、胃が大きく硬くなって全体に炎症が見られたようです。(参尽さんが担当しました)

 

検査後のヒアリングシート。

 

 

 

検査後のヒアリングシート
検査後のヒアリングシート

 

 

 

本当におなかに関心があられたんですね。反省、だなんて・・・大丈夫です、これからこれから。

 

 

続いて娘さんの検査、私が担当しました。胃の大きさが一番気になります。

 

お母さんの教えがあってのことでしょう、お弁当も自分で作り、おやつにも随分気を配っておられました。一番食べたい盛りですのにね。お母さんの教え、愛情ですね。

 

 

それでもガスが多い・・・

「ガスが気になるようなもの、あまり召し上がってませんのにね~、何が原因でしょうね・・・」

 

 

どうもガスと内臓脂肪との融合らしい。

 

「お砂糖と乳製品とどちらも少しづつ多いのかな。気をつけてはいるけれど何か見落としがあるのかも知れませんね。徐々に見直していきましょう。」

 

 

 

初めてのおなか検査、リラックスしてもらえてよかったです。
初めてのおなか検査、リラックスしてもらえてよかったです。

 

 

 

ヒアリングシートを書いてもらう為、お母さんが待つ席に案内した際に何気なく声を掛けました。

 

「お母さんに一緒に連れてきてもらってよかったですね。」

 

 

はにかむ娘さんの横でお母さんが笑顔で一言。

 

「やっぱりおなかが大事だと思うんです。」

 

 

 

お母さんはどうして「おなか」に思い至られたのでしょうね。ご自身のおなかの弱さ、体調の悪さに対するもどかしさが根底にあるように思います。笑顔が印象的な明るい方のように見受けましたが、悩みに悩んで今があるのでしょうか。

 

 

 

誰も教えてくれない

 

実際のところ、おなかが大事って誰もが言います。おなかが大事じゃないなんて言う人は皆無に近いんじゃないかな。

 

だけど、「このよくわからない不調の原因はおなかにあるのかもね」なんてことを教えてくれる人、あまり聞きません。

 

今回ドックを受けた娘さんは本当にラッキーだと思います。お母さんのおかげでおなかに原因があるかも、というところから始められたのだから。体質は積み重ねですから、若い時に改善できればやはり大儀なことにはなりにくいです。

 

 

大人の役割って大事だと思います。

 

 

 

将来を見据えて

 

母娘二人、はじめから通院を考えておられましたが、ドックを受けて改めて通院を決められました。

 

お母さんは『山水』コースで次回の予約を取っておられました。

娘さんも通う気でいらしたので、私は『豊穣』コースをおすすめしました。

 

 

「え!私の方が悪いんですか?娘は『豊穣』で良いんですか?」と笑いながらお母さん。

 

「はい、『豊穣』でゆっくりじっくり根本から体質を変えていくのが良いと思います。何と言ってもこれからの人ですから(笑)。結婚や妊娠のことも見据えて、ね。食べたい盛りですから、極端な食事制限などで追い込むのではなく、お母さんが若いうちにつなげてもらったご縁、ゆっくり丁寧に歩みませんか。」

 

 

お母さんも娘さんもご納得の様子でした。

 

来月から2人一緒に名古屋から通われます。『山水』コースと『豊穣』コース。たまにコース交換も良いですね。

 

 

「おなかが大事だと思うんです」

その信念がつながり育まれていくだろう、おなかの世界にようこそ。

 

 

 

おなかドックコース
6月ももう終わり、あと一人の受付可能です。画像をクリックしてペ詳細ージへどうぞ。

 

 

 

 

 

井上紙鳶