· 

初心に帰って

わごいちの窓から入る朝日
わごいちの窓から入る朝日

久しぶりに重度の・・・

7年間の無月経を克服したのは今から8年前、33才の時でした。わごいちに通院して3か月目のこと、年月が過ぎるのは本当に早いです。

 

この2年ほどは生理も毎月来てくれるようになりましたが、お恥ずかしながら未だ生理痛はそれなりにあります。

 

今回、予定より1週間遅れて始まった生理。初日の夜中、久しぶりに耐え難い痛みで呻き声が漏れてしまいました。

 

落ち着いたと思った翌日も、強烈な胃痛と吐き気、そして水下痢の繰り返し。こうした症状は初めてで、日々の生活を振り返らざるを得ません。

 

……こんなところで初心に帰る(笑)

 

お休みの日で本当に助かりました。お陰様でゆっくり養生、夜には元気に復活しました。

 

症状が出る前に何とかするのが本当ですが、こんなわごいちらしからぬスタッフもお許しを。

 

でもお陰さまでやる気マンパワーです。

 

なんか違う

わごいちサイトの症例ページ作成はもうずっと佳境なわけですが、記事も(まだ非公開状態です)少しずつたまってきて、さぁ!ここから22日の先行公開に向けて加速!というこの時期に............

 

 

なんか違う。

 

院長先生とも再度相談、やっぱりそうだ。

 

 

私たちの寄り添えるところは病気そのもの、症状が出ているその人そのもの。その一つ一つ、会員の皆さんとの取り組みがわごいちの症例です。

 

これまで作ってきた記事も、渾身で取り組んできたのは本当ですが(一記事に十数時間はかかります)、それでも一回仕切り直し。作り込んできたからこそ仕切り直ししたくなる。わごいちのスタイルです。

 

 

そうリトライを決めたその夜の、生理痛&胃痛に下痢騒動でした。

 

実体験で改めて気付かせてもらいました。しんどいってこういうことだった。悩み抜いた日々のこと、確かな原因、今だから声を大にして言えるわごいちだからこそ救えること。

 

 

台風の目のような夕日
台風の目のような夕日

わごいちからの贈り物

病気は苦しいです。だけど、病気に埋もれてほしくはありません。

 

希望を届けられたなら、私たちの症例ページはちゃんと贈り物になれるでしょう。

 

初心に帰った日。全部糧にできるなら、苦しみも捨てたものじゃありませんね。そういうことも、人と人が向き合うわごいちという場で経験として活かされます。

 

わごいちのスタッフで良かった。

 

画像をクリックすると詳細ページに飛びます
画像をクリックすると詳細ページに飛びます




井上紙鳶