· 

女性の味方

生理痛のよくある話

わごいちでは生理痛の解消に力を入れていることは皆さんご存知かと思いますが、こういう話を聞くと「違うんだけどなあ…」と思います。

 

 

それは、

 

「生理痛になったら女の証拠。赤ちゃんが生まれる体になるらしいよ。」

「寒いと生理痛はキツくなるよね。そういうもんだよ。」

「陣痛の痛みに耐えられるように生理痛はあるのよ。女なんだから我慢。」

 

と、こういった話です。

 

 

私もわごいちに来る前は無月経を放置していた人間ですから大きなことは言えませんが、こういう話が今は間違っているという事を知りました。

 

なぜなら、わごいちでハラ揉みを受けている会員さんは、生理痛が無くなっていくからです。

生理痛でおなか痛い写真

中には、わごいちのハラ揉みで症状が緩和するまで、「月の半分は痛みがひどくて辛くてお薬を手放せなかった…。」と、そんなお話も聞きます。

 

わごいちに来るまでは皆さんの多くが、生理痛の原因は「ホルモンバランスの乱れ」と思っていらっしゃったようです。

婦人科でそう言われたり、自分でネットで調べてみた結果、そう考えている人がほとんどです。

 

では、「なぜホルモンバランスが乱れるの?」という疑問には答えられる人はほとんどいません。

 

 

だから生理痛を諦めるしかないのです。

 

 

しかし、わごいちではホルモンバランスが乱れる原因そのものを直していきます。

その結果、実際に生理痛から解放される人がほとんどなのです。(※通院会員さんのケースです)

症例ページ「子宮卵巣」へのリンク
公式ホームページで紹介している「生理痛・PNS・生理不順・無月経になる本当の原因」

ところで男女比の話

 よく会員さんに「ここは女性が多く通われていますね?」と聞かれます。

 

 

確かに、女性が多いです。なぜ女性が多いのか・・・

 

その理由はいろいろあると思いますが、やっぱり「女性の生理」に一生懸命取り組んで、しっかりと成果が出ているからだと思います。

 

スタッフの井上も私も無月経でわごいちに出会いました。二人とも、今は定期的にほとんど痛みなく生理を迎えています。仕事にも支障はありません。

 

 

「生理痛は本来無いもの」

 

 

院長先生が開業以来ずっと繰り返し言われてきたことが、この場で証明されています。

 

良いおなかの状態であれば、きちんと毎月やってきて痛みもないという生理。皆さんがそんな生理を迎えられるように、これからも女性の味方でありたいわごいちなのです。

 

そんなわごいちの確かな技術を聞きつけてやって来て、今はファンになっていただいている方も多く、通院者の女性の割合が"90パーセント"なのですね。

 

 

 

良いおなかの状態ならば、きちんと毎月やってきて痛みもないという生理。

 

 

ある日の施術のときに、「(このひと月の)ご体調はいかがでしたか?」と問いかけると、喜び溢れる顔とともに「生理の痛みもなくとても楽で…」とのお返事が。

 

 

そんなお返事をいただく今では、冒頭に書いた「生理痛はあって当たり前」という感覚が間違っていたと思えます

 

そう思える女性が増えると良いなぁ…と、会員さんの笑顔を思い浮かべ思うのでした。

おなかドックへのリンク
画像をクリックすると詳細へ飛びます

 池田参尽