· 

清水さんの丹足ワークショップ

少し懐かしい話

今日年が明けたある日のこと、開院に向けて準備をしていると清水さんがいらっしゃいました。

手にはお酒を抱えて。

 

「あれ?千照館のお稽古の時間を間違えてしまいました…!」と恥ずかしそうに。

 

しかし、すぐ後に「いえ、ご挨拶に伺わせてもらったんです!これ(お酒)をどうぞ‼」と…。

 

ニコニコと笑いながらそう言っていただいたお酒で乾杯しながら、清水さんのお話になりました。

百楽門で宴
いただいたお酒は百楽門

慢性疲労症候群という症状

ここで清水さんのご紹介を。

清水さんは、「慢性疲労症候群」ではないかと悩みわごいちに辿り着かれました。

 

「慢性疲労症候群」とネットで検索すると、体を動かせないほどの疲労が6か月以上の長期間にわたって続く症状と書かれています。

それが日常生活に支障をきたすほどになる病気です。

治療は一例ではありますが、薬での対処であることが多く、出ている症状や度合いにより、使うお薬は様々なようです。

 

清水さんは、体調の悪い自分の体を何とかできないか…と探されるうちに、おなかに原因があるのではと思い至ったようです。恐らく、何年も月日だけが過ぎていくだけで一向に良くならない体に、藁にもすがる思いでいらっしゃった事と思います。。。

 

 

院長先生の施術コースの山水に、通院当初は2週間ペースでいらっしゃいました。

 

「施術を受けると同時に、自分でも自分の体を強くしていかないといけないよ。」という院長先生の進めるまま、法人化する前の千照館での丹足稽古をはじめられます。

一歩一歩前進する

当時、常に疲労感が付きまとう清水さんの体に1時間半の稽古はお辛い様子でした。

 

稽古の途中で何度と横になります。それでも、稽古への参加を続けます。どんなに体がしんどくても千照館を辞めるという選択を取らなかった真相は清水さんにしかわかりません。

 

しかし、他の人と一緒に稽古を受ける中、途中で起き上がれないほどに疲労感に襲われる自分に、誰よりも嫌気が差していたかもしれません。少しもそんな姿はお見せになりませんが。。。

 

それでも逃げずに稽古を続けられた清水さんの強さは、今の輝きに繋がっているのだと思います。

 

清水さんは丹足の技術を着実に積み上げ、千照館が法人化し「協会」になってからは、統括部として協会をひとつにまとめるべく、様々な協会のお仕事で活躍されています。

チャンスは同じだけ

ふと思う時があります。

 

チャンスは同じだけ用意されているのかもしれないなぁと。

 

ただ、それを“やるかやらないか”、それで人生は変わって行くと。やらないのは楽です。失敗して自己嫌悪になることもない、人から怒られることもない、それでも地球は回るし、毎日はたんたんと流れます。

 

清水さんはやることを選択し続けました。「私のペースで…」「ゆっくりですいません。」とおっしゃるけれど、「やってみます、やりたいです。」と、その一択を進まれました。

このチャンスをどう選択するかが人を変えて行くのだということを、私も嫌というほど学んでいる最中です。

 

通院当初の清水さんを思い出すと、まさかこうして一緒に協会としての千照館を作っていく関係になる日がくるとは・・・と本当に驚くばかりです。

 

清水さんの協会活動の中で、人へ真摯に向き合い一生懸命想いを伝えている姿を見ると、人よりスタミナが切れるのが速いのは仕方ないかも…とも思います。

 

体は元気を取り戻してきていても、気疲れに関してはどうしようもないところがありますものね。(ご自身が一番お分かりかと思います…^^)

 

だからと言って、人間関係も仕事も適当に取り組むなんて選択肢がないのが清水さんの凄いところです。

アボカド&いぶりがっこ
“アボカド&いぶりがっこ”やってみて良かった〜♬な組み合わせ

丹足ワークショップを自主開催へ

そんな清水さんは、この2月に丹足トレーナーとしてワークショップを開催されます。

 

誰よりも驚いているのは他でもない清水さんご本人かも知れません。恐らく今の彼女を見て、そんなにも体調が悪かった過去があったと思う人は居ないと思います。

 

それどころか、しっかりと体の中心に軸が通り、片足立ちで踏んでいる丹足姿に、憧れを持たれる存在になっています。

 

 

確実に実力を積んだ協会トップの技術を持つ、今の清水さんのレッスンをぜひ一度受けてみてはいかがでしょうか。

 

もし「ああ、私なんて…」とつい思って立ち止まってしまっている人が居たら、そんなあなたの新たな一面を発見してくれると思います。

きっとめちゃくちゃ楽しいですよ。

 

 

このワークショップに向けて「苦手なんです…」と言いながらはじめられたインスタ。清水さんの味がじんわりとにじみ出ていますので、こちらもぜひご覧あれ♪

 

清水さんインスタアカウント→@tansoku_shimizu

清水さんのインスタ画像

池田参尽