· 

今だからこそできること、したいこと。

30歳差の後ろ姿

昨日のお休みの日も、院長先生家族と一日を過ごさせていただきました。

 

来週に院長先生夫婦が企画された、『こんな時だからこそ気持ちいい広場で過ごしましょう!ささやかに野点&丹足の会』の下見も兼ねた、遊びの一日。

 

ちなみに野点とは、屋外で楽しむお抹茶の作法のことです。今風に言うとアウトドア茶会!? ちょっと敷居が高い感じがするお茶会がすごく親しみやすく感じられます。

 

下見の前に今月末で閉店されるという近所のカフェでランチをし、そのまま目的の広場までお散歩。弟子に入って丸8年、お嬢さんとは肩が並ぶまでになりました。

 

 

左が私です、念のため。
左が私です、念のため。



30歳差の後ろ姿。笑


もう一枚。




広場の下見を兼ねて
広場の下見を兼ねて



このあと広場で皆でバスケットをしました。息があがります。丘を登って野点にぴったりな場所も確認、歩いてお話して笑って、院長先生宅へ帰路につきました。


集い

この日はコロナウイルスの影響で教室をお休みされているお嬢さんの書道教室の先生が、家庭訪問で個人レッスンをしてくださる日でした。色んなところにコロナの影響が及んでいますね。


その後、先生も一緒に晩ご飯を頂きました。



「どうぞよかったらご一緒しませんか?」


女将さんのその一言からはじまるもう一歩先のお付き合い。場を作る人と集う人、そこに居させてもらう人。



皆で囲んだ食卓
皆で囲んだ食卓

真剣勝負

食後、書道教室の先生を見送りお嬢さんと久しぶりに将棋対決をしました。私はこれまで将棋をやったことはなかったのですが、お嬢さんの影響で一緒に打たせてもらいます。基本がないので将棋と言えるかどうか……ですが性に合うようで好きなのです。


30歳差なんて全く関係なし、超本気で挑む勝負です。ウンウン唸りながら二人で作るその時間がたまらなく楽しい。



勝負には負けました。負けたのは悔しいです、いくら30歳差あっても(笑)


「ちかちゃんって普通はこう来るやろ、が通用せーへんからなぁ。面白いけど。」


ふふ。基本のない限界を知る……積み上げてないオリジナルほど脆いものはありませんね。


そんなことを教えてくれる大事な愛しい時間です。



30歳差の将棋対決
30歳差の将棋対決


積み上げてない時にもう戻れはしないから、今、したいことをして、そうして今から積み上げていきます。お嬢さんとのこの30年差は縮まらないけど、一緒に生きたいから。



 

 

コロナウイルス問題で、「集まり」を避けなければならないこの風潮がますます広がりそうです。これからその風潮はどんなふうに影響していくのでしょうか。

 

一人ぼっちの人が、人と関わることが億劫になる人が、もしくは自分の小さな世界だけを大事にする人が、もし社会の行動の基準になったとき、私はどこで何をしたいだろうか。

 

 

そんなことも考えるお休みの日でした。

 

 

 

(今回はごく内輪の集まりなんですが、ご興味ある方はメールもしくはブログにコメント下さい。3/25の10時から南千里公園集合で行います。22日までに申し込まれたら500円でお茶菓子も頂けます。)

 



画像をクリックすると詳細ページに飛びます
画像をクリックすると詳細ページに飛びます





井上紙鳶