· 

近くても遠くても

お力をいただく一言

日々、新型コロナウイルスのニュースは流れ、気持ちも沈むこともあるかと思いますが、皆様変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか。

 

私たちは、毎日体調管理と感染予防に気をつけながら、変わらずわごいちを開院しています。

 

 

そんな中、先日いらしたHさんは来院するなり「この状況でも開院を続けて下さってありがとうございます。」と私たちにお声を掛けて下さいました。

 

 

Hさんも新型コロナウイルスの影響でお仕事の段取りをつけるのに、連日慌ただしくゆったりと落ち着く時間もなかったそうです。

 

それでも京都から慣れない車の運転で、わごいちに通って来られています。道に迷われたり、駐車場が埋まっていたり、そんなお話も聞きました。

 

マスクフィルター
いつもはティッシュを挟んでいました…

Hさんはお帰りの時に、「きっと皆さんには必要と思いますので…」と、そう言ってマスクの下に挟むフィルターをくださいました。

 

本当に有難うございます。

離れた場所から

宅急便
宅急便の中身は…

もう一つ、先日宅急便が届きました。

 

関東にお住まいのTさんからです。

ダンボールには「消毒液」と記載されています。

 

開けてみると、「今私ができることを考えました。」とお手紙が添えられた大きな消毒液のボトルでした。

 

Tさんとは、このコロナの影響が深刻化してからはお会いできていません。

 

色んな立場や状況があって、お会いすることが叶わないこともあります。

 

 

近くても遠くても、お顔を合わせても合わせられなくても、わごいちを想って下さる気持ちを感じた瞬間でした。

 

 

またお会いできる日まで、変わらず元気でおりますね。

有り難うございます、本当に。

 

 

 

このいただいたマスクと消毒液で、コロナウイルスの予防に努めながら私たちも乗り越えます。

 

日々深刻化するニュースに、"コロナなんかに負けるかー"と、肩肘を張ってしまっていたなぁ‥と恥ずかしく思います。

 

 

 

改めて、皆様に支えられているからこそ、開院を続けられる日々があると実感しています。

池田参尽