便秘薬をお勧めできない本当の理由

 

「便秘薬を使い続けるとだんだん薬に体が慣れてきて、量が増えたり、よりきつい薬になっていく。」というのは、今や常識としてネットやメディアの情報に上がりますが、それがどんな問題を引き起こすのか、そのことについてはあまり教えてくれません。

 

便秘に悩む人の大抵は、薬に頼りたくなくても頼らざるを得ない状況まで追い詰められ、薬を飲んでも排便できないという方も多いです。

 

とにかく便を出したい!スッキリしたい!それが本当の所だと思います。しかし、便秘薬を常用すると体がどうなってしまうのか心配です。

 

多くの便秘のおなかを揉んできた私たちだから言える、便秘薬をお勧め出来ない本当の理由を書きます。

 

刺激性下剤の副作用

一般的な便秘薬は2種類あって、1つは大腸の粘膜を刺激し、強制的に蠕動運動(ぜんどううんどう)を起こして排便を促すものです。

 

このタイプの薬は、腸そのものを刺激して無理矢理動かしますから、腸内にある便とガスの両方に働きかけ、排出します。しかし、無理矢理刺激して動かすのですから、腸へのストレスは大きいです。

 

私たち人間でも、疲れた体に鞭打って働いたあとは、一休みしたいものです。休まなくては体が持ちませんね。それは私たちの内臓も同じことで、薬によって無理矢理働かされた腸は、一休みさせる必要があるのです。

 

しかしながら私たちは、飽食の時代に生きています。昔の人たちよりも油分や糖分が濃い食事を繰り返しています。しかし口から食物が入ってきたら、その度に腸は消化、吸収と休む間なく働かねばなりません。腸は疲弊し、動くことをボイコットします。腸が動かないことには排便できませんから、我慢のあげく便秘薬を飲む。無理矢理働かされた腸にはまたストレスがかかり、さらに疲弊して動けなくなる。

 

この悪循環が「薬慣れ」の原因とも言えます。そして「薬疲れ」へと進行します。薬を飲むごとに疲弊していきますから、同じ量の同じ薬では効かなくなっていくのですね。

 

言わば便秘は飽食社会がもたらす現代病ともいえるのではないでしょうか。

 

塩類下剤の落とし穴

刺激性下剤に比べ比較的副作用がないと言われる便秘薬が塩類下剤と呼ばれるものです。一般的には酸化マグネシウムが広く使われています。

 

大腸における水分の吸収を抑制し、便に含まれる水分を多くして便を軟らかくすることで排便しやすくします。

 

この説明だけ聞けば、体にあまり負担なく排便できるように感じますが、思うより便の量が少ないと感じる人が多いようです。

 

これには2つの原因が考えられます。

 

1つは、「ガスが溜まっていて残便感を感じる」という事です。便秘の原因となる胃や腸の消化機能が衰えている場合、便はうまく形成されず、腸内にはガスが充満していることが多いです。そのガスによる下腹の張りを便と勘違いして、「排便したいのに便が出ない」と心配になってしまうこともあるのでしょう。

 

もう1つは、「水分が溜まっていて残便感を感じる」という事です。便秘に悩んでいる人は、便を送り出す腸機能(蠕動運動)が弱っています。こうした腸の状態で便に含む水分を多くすると腸内に水分を感じます。それがさらに残便感と合わさり、一層便秘の悩みを深くすることもあるようです。

 

便秘の人は腸内細菌の総量を考えたい

これまで便秘薬を常用したときの腸内環境について書いてきましたが、忘れてならないのが腸内の多数を占める腸内細菌のことです。

 

私たちは便は食物のカスでできていると思いがちですが、健康な便の80%は水分で、残り20%を食物のカスと生きた腸内細菌と剥がれた腸粘膜が3等分の割合でできているとされます。腸内には500mlのペットボトル4本分相当の腸内細菌がいると言われています。

 

腸が弱い人はこの腸内細菌が不活発で、バランスを崩している状態と言えます。そのためガスが発生するのですね。いくら便秘薬で排便したとしても、腸内細菌のバランスが整わない限り便秘を繰り返すことになるのはこうした理由です。便秘薬で無理に排便することで、あなたの腸内細菌はまた不活発になってバランスを悪化させ、結果、腸内細菌の育成をも阻害するのです。

 

腸内細菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種に分けられます。悪玉菌をバランスを崩す悪者扱いする情報が目立ちますが、善玉菌、悪玉菌、日和見菌全ての腸内細菌が互いに作用しあって作られるからこそ、豊かな腸内環境が育まれるのです。

 

の腸内細菌も腸内環境のバランスによって変化するものであり、言わば私たちの健康のバロメーターのようなものです。便秘は悩ましいものですが、便秘を機会に腸内細菌に目を向け自分の体を見直していく機会にもできるはず。それが結果的に便秘を解消する近道になるでしょう。

 

腸内細菌のバランスは、私たちの生活習慣の反映と言えます。つまり、健全な腸内環境を作る包括的な食事改善が必要になります。発酵食品が腸内環境を向上させると言われていますが、ヨーグルトを食べればいいという単純な話ではなく、あなたの腸内細菌と向き合う改善が大切になるのです。また、腸の働きを活発にするため、腸への血流改善を検討する必要がある人も多いです。

 

まとめ

・刺激性下剤は腸機能を麻痺させるガスを溜めやすくする可能性がある

・塩化下剤は必要以上に腸をむくませる可能性がある

・便秘薬は腸内細菌のバランスを崩す可能性がある

 

以上が、便秘薬をお勧めできない理由になります。便秘薬を飲んだあなたの腸の状態を知って便秘薬常用の怖さを少しでも感じてもらえれば幸いです。またこのサイトがあなたの便秘解消の糸口になればと願います。

 

重度の便秘あるいは慢性化した便秘は、腸の免疫力を長期的に損ない生活習慣病のリスクを高めます。あなたの今のおなかの中は、どんな状態でしょうか。心配の残る人は、一度おなかの検査を受けましょう。


また、一人では腸内細菌のバランスの整え方が分からないとご不安の方は、まずおなかの状態を明らかにして、あなたのおなかに適した整え方を相談しながら一緒に考えていきましょう。おなかドックでお待ちしています。



おなかの検査申込はこちら

⇒ おなかドックコースについて

受付曜日 : 月曜日から金曜日の平日

受付時間 : 10:00~15:00 

 ◆参考関連記事◆

  1. 便秘を解消する方法