胃下垂

 世間での胃下垂解消法は、腹筋や骨盤底筋などの筋肉を鍛える方法、ストレッチや逆立ちなどの自宅療法、ツボ押しなどがあります。また食事改善もあります。

 

しかしそれらの方法で胃下垂が改善せずわごいちに来る人が沢山います。改善しない理由は、胃下垂は胃だけではなく外部環境、特に腸や腎臓との癒着、肋骨の狭窄、そして呼吸の悪い癖などが原因となっているからです。

 

わごいちの胃下垂解消

一口に胃下垂と言っても、人によって胃の形や位置は全く違うものです。胃下垂だと思っていた人が実は胃拡張であったりすることも多々あります。胃拡張と胃下垂では整え方も全く違うものになりますから、正確な検査が必要です。

 

わごいちではまず、独自の手技検査で胃の形状と位置を確認します。あわせて胃炎の状態も確認します。

 

炎症は散らし、癒着を解消し、胃を元の位置に戻していきます。また胃内の不要なガスを抜き、正常な大きさに戻します。必要であれば肋骨の状態も整えます。

 

個々の状態によって行うことは違いますが、おおよそこのような施術を行うことで胃は元の状態に戻っていきます。

 

実績とコースアドバイス

わごいちの胃下垂解消は、胃を上げるだけでなく、上がったままの状態を保つことを目指します。長年下がっていた胃を上がったままの状態にするには、高度な技術と一定期間の通院が必要となります。

 

対応しているコースは「会員コース山水」もしくは「会員コース豊穣」です。

 

始めは「おなかドック」もしくは「一般整体コース」で一度状態を確認され、状態に応じて以後の相談をすることも可能です。

 


予約フォーム

メモ: * は入力必須項目です