逆流性食道炎(胃食道逆流症)の克服法

3人に1人の罹患率

逆流性食道炎は胃から胃酸が逆流して食道に炎症ができる病気です。これまでは食道にびらん(粘膜のただれ)があるものを指した病名でしたが、びらんのない胸焼けやげっぷ、喉のつかえなどの症状だけを訴える人の増加により、現在は非びらん性のものも含んで「胃食道逆流症」という病名で定義されています。

 

一般には、下部食道括約筋という胃と食道の境目を閉じる働きをする筋肉が一時的に緩んだり、腹圧の上昇などで胃内圧が上昇したり、胃の入口の一部が食道に飛び出した状態になる食道裂孔ヘルニアを起こすことによって胃酸が逆流すると考えられています。 

 

現在、日本人の3人に1人が胃食道逆流症の疑いがあるとされ、また欧米では胃食道逆流症から食道癌への移行例が多く報告される「一度発症すると完治しない病気」とも言われています。

 

薬に頼り続ける病気

西洋医療では、胃酸を抑えることを第一の治療法とし、プロトポンプ阻害薬という胃酸の分泌を抑制する薬物療法が主流となるようです。しかし胃酸をコントロールする薬物療法では、薬をやめるとまた胃酸の逆流を起こします。なぜならこの治療法は胃酸の分泌を抑えるもので、胃酸が食道に逆流するのを治すものではないからです。また胃酸の分泌を抑えて炎症の悪化を防ぐことはできますが、炎症そのものを治すものでもありません。

 

この治療効果は一時的なもので薬をやめると再燃する可能性が高いため、維持治療つまり服薬の継続、あるいは漢方薬、時に抗不安薬などを用いる治療が続けられるようです。これらのことを踏まえて「一度発症すると完治しない病気」とされます。

 

本当に一生完治しないのか、私どもの見解については後述します。

 

胃酸の分泌を抑えることのリスク

ところで胃酸の分泌を抑える薬を飲み続けることで、体に弊害はないのでしょうか。

 

胃酸は外から入ってきた異物である食べ物の消化と、食べ物と一緒に入ってきた各種菌の殺菌をする、化学的には塩酸である強い酸性の消化液です。胃酸の分泌を抑えることは、消化力を弱らせ、外から入ってきた菌の体内への侵入を助長することになります。
胃食道逆流症に悩む人は、胃酸を悪者扱いして「胃酸の分泌を抑えればいい」と考えがちですが、外的につまり不自然に胃酸の分泌を抑えるリスクも忘れてはなりません。

胃食道逆流症の胃の状態

胃食道逆流症と診断された人のおなかに触れると、多くのケースで胃炎が多く見られます。本来胃は自己治癒力が比較的高い臓器で、炎症を起こしても速やかに回復させる機能を備えているものです。但し何らかの理由により胃酸が過剰分泌され、自己治癒が追い付かなくなると炎症が発生します。特に油物やアルコールの過剰摂取、あるいは過食が主な原因となって胃酸の分泌を促し、それが胃炎を作る要因となります。
 
また胃酸を休むまなく分泌し続けた胃は、疲弊し消化力が低下します。そうして胃の中に滞留した未消化物が腐敗を起こしてガスを発生させます。発生したガスで胃の中は充満し、腹圧を上昇させます。

腹圧が胃酸を逆流させる

私たちは胃酸が逆流する原因に、2つの要因があると考えています。1つは胃の入り口の炎症、もう1つはガスによる腹圧の上昇です。この2つの要因が下部食道括約筋という食道と胃の境になる弁の機能を低下させる、つまり弁が閉じきらず緩んだままの状態を引き起こしていると考えます。

 

胃の入り口の炎症が弁の開閉運動を阻害し、さらにガスによる腹圧の上昇で弁が閉じにくくなるのです。そして胃内で過剰分泌した胃酸が食道の方へ逆流し、食道の炎症をはじめとする様々な症状を引き起こします。

 

元を正せば胃酸が胃の炎症とガスを生み、またその炎症とガスが胃酸を逆流させる原因にもなっているというわけです。

 

胃酸の過剰分泌を防ぐには

胃食道逆流症が起こる行程をまとめてみましょう。

 

胃食道逆流症とは、

 

①「なんらかの理由」により胃酸過多を起こした胃に炎症ができる

②胃の炎症が消化不良を起こす

③胃の中に滞留した未消化物が腐敗を起こして発生したガスが腹圧を上昇させる

④腹圧が下部食道括約筋を緩んだ状態にする

⑤胃酸が逆流する

 

という悪循環の無限ループにはまっている状態だということがわかります。

 

このループが続く限り、胃酸の逆流は解消しません。薬で胃酸分泌を抑え続けているだけでは、それは症状の緩和にすぎず、このループは永遠に解消されないのです。ですから胃食道逆流症は「一度発症すると完治しない病気」となっているのです。

 

このループを根本から解消する方法はただ一つ、「胃酸過多を引き起こしているなんらかの理由」を見つけ出すことです。

 

胃酸を過剰に分泌させる理由は人それぞれ異なります。主には油物やアルコールの過剰摂取、過食が挙げられますが、他にも内臓環境など様々な要因があり、個々のケースに寄り添った注意深いカウンセリングによって「なんらかの理由」を特定していくことが大切です。

 

わごいちには「お医者さんに言われた通り食事を改善したのに治らない」と言う人が来られますが、胃を触りその胃の感触から話を聞いていくと、人それぞれの好みや生活環境によって様々な胃酸過多が起こる原因が見えてきます。その原因は「まさか…」とご本人が驚かれるものが殆どで、それが胃酸過多を引き起こす根本原因となります。

   

胃食道逆流症は、この「なんらかの理由という根本原因」を断てば自ずと消失していきます。もちろん悪循環のループが再発することもありません。皆さん普通に良くなっていっています。胃食道逆流症は「一度発症しても完治しない病気」では決してないのです。

 


おなかの検査申込はこちら

⇒ おなかドックコース 

受付曜日 : 月曜日から金曜日の平日

受付時間 : 10:00~15:00 

◆参考関連記事◆

  1. 胃下垂の正体
  2. 胃痛・胃炎・胃もたれの原因
  3. 胃下垂か胃拡張か