· 

大阪の真ん中で

 

三宅です。

 

 

他府県の人たちから見た大阪のシンボルってなんだろう?

 

やっぱり大阪城?通天閣?それとも他になにかあるかな?

 

 

 

 

 

福島の原発が爆発して放射能が飛び散ったとき、私は大阪にいて、大阪を離れられない自分を恨めしくさえ思った。渦外から渦中の苦しみは救えない。現地の人たちの気持ちは想像の範囲内に限られる。

 

今こうして、大阪という一つの渦中の真ん中にいることは、不謹慎と言われようが喜びでさえある。

 

新型コロナウイルスのような感染力の強い存在を相手に、私は感染しないと断言することはできない。わごいちが絶対にクラスター化しないとは言えない。

 

しかし万が一の時の非難を恐れていては何もできない。

 

渦中の大阪で、私は今、様々な不安と向き合う人を迎えることができる。そして前を向いて歩く力を与えることができる。私は日々仕事を全うしている。

 

発症者は病院関係者にお任せします。わごいちは発症予防に全力を尽くします。皆さんは感染予防に努めましょう。

 

 

 

 

三宅弘晃

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    石田 慶昭 (木曜日, 23 4月 2020 11:36)

    ハラのすわった覚悟 素晴らしいです

    多くの方が
    恐怖の中で生きていらっしゃいます

    ありがとうございます

  • #2

    三宅弘晃 (土曜日, 25 4月 2020 17:35)

    石田慶昭さん

    お久しぶりですね。

    平時に大きなことを言うのは誰にでもできるが、有事に有言実行できるかが大事だと自分に言い聞かせる日々です。まだまだこんなもんでは私の心はヒビさえ入りません。笑

    ご家族力をあわせて皆の元気が出る米を作り続けて下さい。