ウソ、偽りについて

本来ならばわざわざ言う事ではないと思うのですが、お伝えしておきたいと思います。

 

わごいちではウソ、偽りは致しません。

 

世間の整体では「このままだとどんどん悪くなりますよ。」「体がひどく歪んでいますよ。」と脅されたり、「10回の回数券だとお得ですよ?」と施術中や帰り間際にしつこく勧誘されたという話をよく聞きます。

 

自分の体の中を見ることはできませんから「こんなに悪くなっていますよ。」と整体師に言われると、それが本当なのかウソなのか見抜くことは困難です。

 

逆に整体師の方でも、後々クレーマーになるリスクを恐れ、本来伝えるべきことを伝えず、愛想笑いや口先の言葉で誤魔化すこともあるようです。

これらの問題の全ては、人と人の信頼関係によるものだと感じています。お客様が整体師を疑いなく信用することができ、そして整体師は真にお客様を大事に思うならば、ウソ偽りのない仕事が実現できるはずです。

 

私たちはお客様との信頼関係を、少しでも早く確かなものにしたいと思います。だからまず私たちが、自己利益のためのウソ、偽りをしないことをお約束しています。

 

わごいちでは、お客様の話をしっかりと聞きます。そして、その時その時で本当に必要だと思う施術を行ないます。余計な施術や次回予約のしつこい営業などはしません。

 

もし通院の必要がない場合、逆に通院しても良くなる見込みがない場合、そのまま正直にお話しています。「問題ないから通わなくて良いと言われた」と面食らうお客様もいらっしゃいます。

 

また時に厳しいことを言わねばならないこともあります。このままでは病状が悪化すると思われる時には、相応の生活指導が必要になります。例え嫌われようとも言うべきことを言う。これも私たちの大事な仕事だと思うからです。

 

今の世の中は、「儲けるために何をしても良い」「経営のためにはある程度のウソをついてもしょうがない」といった考えがまかり通っているように思います。多少のズルさは許容され、むしろ騙された方が悪いとさえ言う人たちもいます。

 

一体何のための仕事でしょうか。

 

私たちはウソ、偽りを無くして信頼関係に支えられた仕事を続けていきたいと思います。私たちの仕事のフィールドはおなかの中。外から見えない世界だからこそ、ウソ偽りなくありのままを伝え、皆さんとの信頼関係に支えられた仕事をしたいと思います。

 

次へ→「わごいちの特徴