2型糖尿病克服体験談話(60代男性)

10年前に糖尿病の治療が始まり、2年半前からわごいちへの通院をはじめられた61才のシンイチさん。インシュリンを打ち続け、漠然と「一生こうやって生きていくんやろうな~」と思っておられたというシンイチさんの克服体験を聞かせていただきました。

 

(※以下 シンイチさんの体験談話引用)

 

痩せたのに・・・

ここへ来るまではもう、食べ物は無知!ストレスがあって満腹感なくて、あっという間に肥えて88キロ、2ヶ月で戻ってまたリバウンド。もともと血糖値は高かったから、体重増えたらアカンとは思ってたんです。

 

80キロ切って痩せたからかふらついて、医者に行ったらなんと血糖値800!!!「えっ・・・、痩せてるのに・・・」って感じです。医者が言うには、血糖値が上がり切ったら痩せてくるらしい。その日にインシュリンですわ。お酒は焼酎に変えました。食事気にしてたって言っても、お酒を焼酎に変えたくらいかな。

 

そんなんで8年ほどやってました。職場の人にわごいち紹介してもらって、初めての施術の時に院長先生に言われたのがなんと、「焼酎やめて純米酒にしましょう。」!!!!!もう、ヤッター!ですわ(笑)

 

どないしたん?

はじめはホンマに焼酎を純米酒に変えただけ、これは院長先生に教わったんですけど、純米酒と特級酒は同じ日本酒でも別もんやということで、糖類とか質の悪い醸造アルコールとか入ってないお酒を選ぶようになりました。それと2週間に1回わごいちに通って。

 

みるみる痩せていって、血糖値がスコーンと落ちました。インシュリンを打つ量が減っていきました。いや~、嬉しかったですよ。医者は「どないしたん?」言うてました。

 

結果が出てたもんやから

それからしばらくして、体重と血糖値下がるのが1回停滞して、そしたら院長先生が「そろそろ朝ごはん抜きましょか。」とおっしゃって、薬の関係もあったから医者に一応相談したんです。そしたら「余計な事すなっ!」言われました。3食しっかり食べなあかんと。

 

でももう、それまでにわごいちで結果出てたから、もう信じてるもんがあるもんやから、朝抜いて昼は素うどんに変えました。でももう、それまでにわごいちで結果出てたから、もう信じてるもんがあるもんやから、朝抜いて昼は素うどんに変えました。

 

何でびっくりするねん(笑)

おかげさまで今、体重は66キロ、3か月前にインシュリンも全くなしになって、先月の血液検査も全く問題なし!

 

「頑張ったら治る。」って言ってた医者が、治ったらびっくりしてましたわ。

「何でびっくりするねん、治るって言うてたやん!」(笑)

 

糖尿病ってやっぱり世間では治らん病気やったんかな…と思いました。

 

 

「糖尿病、治ったぞー!治るんやぞー!!」大声で言いたいですわ。

 

ほんまにありがとうございました。わごいちの院長先生に山登りすすめられたから、これから山登り楽しみます。 

 

 (※以上 シンイチさんの体験談話より)



当院からの補足

この話だけを読むと、「酒を純米酒に変えて、朝ごはんを抜けば糖尿病がなおるのか」と勘違いしてしまうかもしれませんが、実は糖尿病はそう簡単なものではありません。

 

例えば「純米酒」ですが、シンイチさんはとてもお酒が好きな方なので「お酒をやめなさい」というのは聞き入れないだろうと想定し、お酒は最小限に抑えた上でその他の食事を改善していくというプログラムを組みました。

 

「朝ごはん抜き」も薬の関係で困難であったので、まずは3食を食べ続けるという前提で、家で食べる朝と晩御飯はこういう食事にしましょうと、奥様がご協力できる範囲も確認しながらの改善。お昼ご飯については職場近くの飲食店の状況を聞いたうえでこの店のこのメニューにしましょうと、段階を踏みながら包括的な食事改善プログラムを構築していきました。

 

一人一人のハラに寄り添う

シンイチさんは毎月2回わごいちに通われて来たので、おなかを触りながら体の変化を確認することが出来ます。膵臓はもちろんのこと、肝臓や腎臓、胃腸などを毎回丁寧にほぐし機能回復を図りました。手で触れ、話をしながら一緒に体質改善を進めてきたのです。

 

一人一人、改善方法もアドバイスのタイミングも異なります。時にはご本人がやる気を失う時もあります。張り切り過ぎてあとでリバウンドすることもあります。そういったことを一つ一つ話し合いながら軌道修正をかけてきました。

 

決して2型糖尿病を治すことは容易いことではありませんが、私たちは治らない病気とは考えていません。少なくとも私たちを信頼し、一緒に生活改善を進めていく人は皆さん良くなっています。

      

 

※体験者の声をそのまま掲載しておりますが、症状や対処法には個人差がありますので、あなたに合う対処法にはならないばかりか逆効果になる可能性さえあります。お困りの方は必ず当院にご相談ください。


おなかの検査申込はこちら

⇒ おなかドックコース

受付曜日 : 月曜日から金曜日の平日

受付時間 : 10:00~15:00 

◆参考関連記事◆

  1. 2型糖尿病の克服法