2型糖尿病の克服法

治るのか治らないのか

食事療法と運動療法で治るとされる2型糖尿病ですが、実際のところ治らないと訴える人が多いのはなぜでしょうか。「インスリンの投薬はやめられないものではない」「でも完治は難しい」そんなお医者さんの説明に「結局治るの?治らないの?どっち?」と悩む人も多い事でしょう。

 

2型糖尿病が克服できず悩んでいる人は沢山います。食事の改善が「うまくいかない」または「頑張っても大きな変化を感じない」という人が多く、食事療法では治らない、そんな声もよく聞きます。

 

確かに2型糖尿病の克服は簡単ではありません。しかしそれでも私たちが皆さんに言うのは、2型糖尿病の克服は可能であること。そしてその克服の為に食事療法は有効であるということです。

 

「でも病院で食事指導を受けているけれども治らないのはなぜ?」そのような問いに対する私たちの答えは以下の二つです。

 

それは「血糖値という数字だけを追っているから」、そして「食事指導が個人の特性に対応できていない」ということです。詳しく解説しましょう。

 

糖尿病の本当の原因

2型糖尿病は、膵臓から分泌されるインスリンの量が十分ではない(インスリン分泌不全)か、作られたインスリンが十分作用しない(インスリン抵抗性)病気と定義されます。

 

インスリンは血糖値を下げる働きのあるほぼ唯一のホルモンとされ、血糖(ブドウ糖)を全身の細胞に取り込ませたり脂肪や筋肉などに蓄えたりします。このインスリンの働きが悪くなり血糖を上手く細胞へ取り込むことができなくなると、高血糖の状態になって全身の血管がダメージを受け続け、様々な合併症を引き起こす原因になります。

 

病院治療ではこうした2型糖尿病に重要とされるのは血糖値を上げないこととして、薬物治療や食事療法が施されているわけですが、ここに抜けているのは「なぜインスリンの分泌不全が起こるのか」「なぜ血糖値が高くなるのか」という2つの根本的な原因究明です。

 

さらに言えば、血糖値の数値は原因ではないのです。糖尿病の状態を表す数値、指標と考えるのが妥当であって、その血糖値の数値異常、そしてそれを引き起こしているインスリンの分泌不全、その要因こそが、糖尿病の本当の原因となるはずです。

 

なぜインスリンの分泌不全が起こったのか

私たちはこのような考えでインスリンを打ちながら糖尿病を改善したいと願う方たちと向き合ってきているわけですが、このような2型糖尿病患者のおなかに触れると、多くの場合に肝臓の肥大がみられることに気が付きました。肝臓が通常の状態よりも大きく硬くなってしまっているのです。また糖尿病の原因となる膵臓も、そして腎臓も硬く冷たくなっています。これは臓器の疲労が蓄積し機能低下している状態です。

 

さらにこうした状態の場合に多く見受けられるのが胃や腸の肥大です。例えば肥大した胃腸が膵臓を圧迫するだけでも、疲労していた膵臓の働きをさらに低下させています。こうして膵臓が機能障害を起こしてインスリンの分泌不全が起こる原因となります。

 

固く冷たくなった内臓は、血行不良の状態でもあります。インスリンの分泌を正常化するには、膵臓だけでなく内臓全体の血行を良くして柔らかく温かな状態に戻し、内臓機能を高めることが大事です。

 

なぜ血糖値が高くなるのか

血糖値が高い糖尿病は、いわば血液の病気です。高血糖な血液は、血管を詰まらせたり傷めながら全身を循環することなります。

 

血液は酸素や栄養素、ホルモン、二酸化炭素などを運搬し、老廃物を排出します。また、外敵から体を守る免疫作用や体温調節などの働きもあります。こうした血液の働きを阻害するのが高血糖の状態です。正常化するためには血糖値を下げる必要があり、病院ではインスリンの投与、血糖値を下げるための食事療法が行われます。

 

しかし忘れてならないのは、血液を浄化するのは本来内臓の仕事だということです。そして内臓を活発に働かせるのは質の良い血液だということです。つまり血液と内臓の質は連動しているのです。

 

その内臓自体が機能低下した状態であることがインスリンの分泌不全を引き起こします。すでに機能低下した内臓が、高血糖状態の血液循環によってさらにダメージを受け、血液の質を悪くする。この悪循環こそが2型糖尿病に潜む根源的な問題です。

 

内臓を無視した食事療法

では次に食事療法についても触れておきます。

 

ネット情報や病院の管理栄養士による食事療法は、血糖値を下げることだけにフォーカスしていることがほとんどと言えます。つまりこの場合、治療者が見ているのは食事の中の栄養素と血糖値という数値が主になります。しかしこれでは不十分なのです。なぜなら栄養素を消化吸収する内臓の状態を無視した食事療法になっているからです。

 

血糖値やインスリンの分泌量だけを見るのではなく、その人の内臓の状態を的確に把握しながら、内臓機能を高めていくことが大切です。そうすれば結果としてインスリンが適正に分泌され、血糖値が正常になるのです。ターゲットを間違えてはいけません。改善対象は血糖値ではなく内臓、その観点での食事療法が求められます。

 

あなただけの食事改善法

しかしながら食事療法とは難しいものです。

 

まず第一に、個々の内臓の状態に見合った食事療法でないと効果は期待できません。例えば胃の消化力が著しく低下している人とそうでない人の改善法は変わってきます。標準マニュアルそのままの食事療法では、個々の内臓の状態に対応するのは困難です。

 

食事療法が難しいもう一つの点は、患者本人の意欲に大きく改善効果が左右されるということです。気分も日々変動します。今の食生活を即時にかつ永続的に変えられる人などほとんどいません。しかしその人の性格を見て話を重ね信頼関係を築きながら、一つずつ改善していくことができたなら、結果的に食事療法は成功し、糖尿病の克服が見えてきます。

 

2型糖尿病の克服は、長期にわたって地道な食事改善をはじめとする生活改善を要します。気の滅入ることもあるでしょう。(お医者さんも正直、治癒には半信半疑なことも多いようです。「病院の先生は治ると言いながら治ったら驚いてた」という話はよく聞きます。⇒参考 2型糖尿病克服体験談

 

食事療法は一人一人違う改善の方法があり、タイミングがあります。内臓の状態は刻々と変わり、そのたびに改善方法に軌道修正が必要です。通りいっぺんの標準治療ではなく、人と人として治療者と患者が互いにじっくりと向き合いながら、「これならできる」という道を見つけ出していく。その積み重ねが「あなただけの食事改善法」となり、その先に糖尿病改善の道が拓けてきます。

 


おなかの検査申込はこちら

⇒ おなかドックコース

受付曜日 : 月曜日から金曜日の平日

受付時間 : 10:00~15:00 

◆参考関連記事◆

  1. 2型糖尿病克服体験談