スタッフと院情報

スタッフの紹介

わごいちは3人体制で運営しております。

 

私たちは「院長とスタッフ」という関係であると同時に「師匠と弟子」でもあります。それぞれキャリアは院長三宅が20年、スタッフの池田が13年、井上が9年です。

 

日々「ハラ揉み」「丹足」「丹手」と修行をしながら、訪れる皆様の施術にあたっています。

整体歴 20年

担当コース:山水おなかドック子供向け整体

池田参尽

修行歴 13年

担当コース:豊穣一般整体

井上紙鳶

修行歴 9年

担当コース:豊穣一般整体


技術紹介

わごいちの施術は、器具や道具類は使用せず、施術者の手と足により行われます。

 

常に技の可能性を開拓していきたい。院長三宅の20年の一貫した想いが、いつしかわごいちの3大技術となりました。

 

ハラ揉み術

2002年の開業以来、わごいちが一貫して磨いてきた技術です。世に出るやいなやゴッドハンドと称されるものの安易なコピーは危険な為、今は門外不出にしています。ここわごいちの臨床現場の中で進化を刻み続け、様々な難病をその手の中で解消しています。

丹足法

わごいちの施術現場から生まれた踏み解し術です。施術者のハラから生まれる運動エネルギーを足裏に伝え、相手の身体を優しくそして芯まで解しきります。初めて踏まれる人は、本当に足で踏まれているのかと驚かれるほど、的確な踏まれ心地です。

丹手法

丹手法とは、ハラ揉み術を除くすべての手技術の総称です。頭部から足底までくまなく全身に触れ、隠れた異常を察知します。身体本来の状態に戻すために、適宜応変に働きかけ、特に肩、首、膝などの関節部の施術は他の追随を許さない効果を生みます。


沿革

<2002年>

1月 「丹力治療研究所」(桜井寛院長)の後を引き継ぎ、三宅弘晃が「心斎橋たんりき」を大阪本町に開業

8月  ヒグチビルへ移転

9月 『HANAKO』より「腸セラピー特集」にて取材を受ける。以後、各種雑誌やテレビで紹介される

<2003年>

1月 健康教室「たんりき倶楽部」開講(ゴスペル・ヨガ・インド舞踊)

<2007年>

9月 徒弟制を開始 池田弟子入り

10月 「わごいち」へ屋号変更

11月 『「おなか美人」ダイエット』(中経出版)著す

<2009年>

4月 健康誌『カラダにいいこと』監修開始

<2011年>

4月 「三宅式整体塾」開講

<2012年>

3月 公式ホームページリニューアル

6月 井上弟子入り、タケコウビルへ移転

<2013年>

5月 「丹足」発案

6月 三宅式整体塾を廃し、腹育道場千照館を開講(下腹ぽっこり解消部、丹足ほぐし爽快部、腹育整体部)

<2014年>

1月 一心の会、施術コース改編、池田参尽、井上紙鳶を拝命

5月 第1回御米祭

6月 三宅式ボイストレーニング講座

7月 「千照館」無楽整体研究会開講

11月 第2回御米祭

<2015年>

9月 第1回おなか元気ばなし@東京日本橋

10月 「千照館」公式ホームページリニューアル

11月 第2回おなか元気ばなし@東京日本橋

12月 無楽整体研究会終了

<2016年>

1月 第3回おなか元気ばなし@大阪小阪

1月 第4回おなか元気ばなし@大阪吹田

2月 第5回おなか元気ばなし@東京日本橋

3月 第6回おなか元気ばなし@熊本水俣

4月 第7回おなか元気ばなし@東京日本橋

5月 第8回おなか元気ばなし@大阪本町

8月 第9回おなか元気ばなし@大阪八尾

9月 第10回おなか元気ばなし@東京練馬

<2017年>

6月 「腹育道場千照館」を登記し、「一般社団法人丹足普及協会・千照館」設立

10月 千照館設立式・第1回段級試験

11月 三宅式幽芯姿勢講座

12月 千照館第2回段級試験

<2018年>

3月 「ハラ学」発案

4月 千照館第3回段級試験

5月 三宅式手技法を「ハラ揉み術」と命名

7月 わごいち夏祭り蔵開き開催

8月 施術ポリシー「直さば治る」発案

9月 千照館第4回段級試験

<2019年>

1月 断食合宿開催

3月 わごいち会員制度導入、千照館第5回段級試験

5月 おなかドックコース開始

7月 移転7周年記念極上酒の会

9月 千照館第6回段級試験

2020年

1月 単発施術コース開始

6月 わごいち公式ホームページリニューアル、施術コース変更