院内設備

施術室

わごいちの施術室は最大3名様まで入れます。

床に畳を敷き、天井と壁は全て和紙貼り。南向きの窓からの自然光と行灯のほのかな明かりで空間を包んでいます。

施術室だけで全33畳。一人当たり11畳のゆったりとした空間です。

 

「お寺や旅館のよう」「大阪の街中とは思えないほど静か」とよく言われる施術空間。10年以上かけ手作りしてきました。


わごいちの施術は布団の上で行います。器具は使いません。手と足だけ使って身体を整えていきます。

 

布団に横になると思わず「ふう」と息がもれ日常の緊張がほぐれる。そこから施術が始まるような空間づくりを心がけています。

 

わごいちの台所

「わごいちの先生は普段どんなものを食べているのですか?」

そんな質問から始まった食品販売コーナー。お米、蕎麦、お茶、珈琲、醤油、だしパック、塩、酢などなど、美味しくて安全でリーズナブル。わごいち厳選商品を非営利で販売しています。

 

この「わごいちの台所」でご紹介した食材をきっかけに、通院される皆様の食生活の改善も進んでいます。

 

わごいちの本棚

玄関待合にある「わごいちの本棚」。院長三宅の著書の他に、三宅がこれまで読んできて特に大事に思う本たちを紹介、販売しています。こちらも非営利です。

 

どの組織にもどんな流派にも属さず、他には無い、唯一無二と言われる院づくりを進めてきたわごいち。その成り立ちの秘密をこの本棚から感じ取って下さい。