施術スタッフ採用について

わごいちでは独自の徒弟制度によりスタッフを育成し、施術を担わせています。新規スタッフの研修は随時行っていますので、関心ある方はお問い合わせください。

 

研修から採用まで

以下の通り、①→②→③の順に研修を進めていきます。それぞれの研修期間は個々の上達により変わります。

 

①整体学校で学ぶ

整体師としての独立開業を実現する「あかつき整体カレッジ」(※1)にまず入学します。ここで基礎的な技術、心構え、身体作りに取り組みます。

 

②わごいち研修生(弟子見習い)となる

上記過程①の成績優秀者は、わごいち研修生の資格を得ます。研修生は弟子見習いとしてわごいちの裏方業務などを行いながら、施術に入るための技術研修を行います。

 

③わごいちで弟子となる

上記過程②において適性を認められた人は(※2)正式に院長三宅の弟子として本格的に修行を開始します。またわごいち正社員として採用され、すべての業務に参加します。

 

・ ・ ・

 

※1 あかつき整体カレッジ・・・ひろく整体師の独立開業からその後の経営までサポートするわごいち直営の整体学校。その一部でわごいちスタッフの教育も担う。

 

※2 上記②で適性を認められなかった場合、もしくは本人が希望しなかった場合、研修課程を終えたのち、独自の開業、経営を行う。

 

わごいちはなぜ徒弟制を採用しているのか

わごいち徒弟制で学ぶこと

徒弟制で学ぶのは「丹足法」「丹手法」「ハラ揉み術」というわごいち独自技術の全てです。これらの技術を約10年かけて一つ一つ学び深めていきます。

徒弟制の目的とゴール

わごいちが徒弟制を採用するのは、ハラ揉み術という難易度の高い技術を自由自在に扱えるようになるためです。師匠から直接学び、実際の施術で習熟させ、だんだんと難易度を上げていきます。

最終的に「免許皆伝」となった暁には「のれん分け」をすることもできます。生涯わごいちで働き続けることもできます。とことんまで技術を究める。そのための徒弟制です。

 

わごいちで技術を磨きたいと考えている方へ

わごいちスタッフに最も必要なものは「向上欲」です。向上欲とは向上心よりもさらに強い欲求。技術面でも人間面でも向上したいと絶え間ない努力をできる人がハラ揉み師になれます。

 

とはいえはじめは誰しも素人です。今の自分に自信を持てなくて当然です。とにかくやってみること。わごいちは整体学校、研修、徒弟と段階を踏まえ、適性を見極めながら人材育成を行っていきます。

 

とにかく壁に何度も当たり乗り越えようと努力を続けることです。本当の努力を続けることです。ここは自分の可能性をどこまで引き出せるか、勝負の場なのです。

 

三宅弘晃