· 

腰部脊柱管狭窄症

足がしびれる、足が痛い、腰が重だるくなって長時間歩けない。そんな症状がおさまらなくって病院に行って検査をしてみたら………

 

「腰部脊柱管狭窄症ですね」

 

ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう?

病名を聞かされると、痛みだけでなく不安がさらに増すように感じられる方も多いのではないでしょうか。

 

神経の束である脊髄を保護する腰の骨(腰椎)が変形してしまって、中の神経が圧迫されている状態、それが腰部脊柱管狭窄症です。世間一般では加齢が原因とされています。

 

加齢が原因では治りませんか?

年をとると背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、背骨をつなぐ靱帯が厚くなることがあります。確かにそうなると神経の通る脊柱管が狭くなり、中を通る神経が圧迫されるのを止めることはできませんね。

 

加齢が原因と言われると正直身も蓋もないと思ってしまいますが、仕方がないとどこか諦めてしまう人もいらっしゃることでしょう。

 

しかし腰を使う作業の繰り返しや肥満によって腰の骨を圧迫し続け、脊柱管の狭窄につながる例も多いそうです。それはつまり、”腰の骨を変形させるほど圧迫し続けているもの”がなくなれば、症状の改善は見込めるということではないでしょうか。

 

ところで腰部脊柱管狭窄症の一般的な治療法ですが、鎮痛薬や神経ブロック、ストレッチ、コルセット装着、リハビリなどで、症状を少しでも軽くする”保存的療法”と”手術”の2択とされています。つまりは対症療法となります。

 

もし腰の骨を変形させる”圧迫”に原因があるのなら、加齢による背骨の変形にも、変形させるほどの”圧迫するもの”があるはずです。その圧迫の正体が分かれば、対症療法でない治し方があるはずのなのです。

 

”圧迫するもの”の正体は硬くなった筋肉かもしれないし、腫れた内臓の可能性もあることを、どれほどの人がご存知でしょうか。

 

ちゃんと物理的な原因があります

ここで『腰部脊柱管狭窄症』の、わごいちの施術例を挙げてみます。

 

Tさんは足のしびれと腰痛、長時間歩くことが出来ないといった症状から病院で検査を受け、「即手術が必要な腰部脊柱管狭窄症」と診断されたそうですが、なんとか手術を避けたい一心でわごいちの施術を受けに来られました。MRI写真を見せてもらいましたが、腰椎の変形と狭窄がはっきりと映っていました。

 

結果から言うと、Tさんは手術を回避しただけでなく、痛み止めもなしで足のしびれもなく長時間歩けるようになりました。

 

Tさんの腰椎を圧迫していたものは、左の腎臓でした。おなかからと背中の両方から触ってちょうど背骨が曲がった左横に、まるで石のようにカチコチに硬くなった腎臓があったのです。

 

Tさんの症状は内臓を揉む私たちにとってはとても分かりやすい例で、触られたTさん本人にとっても硬くなった腎臓を揉むと、「それが痛い!」「そこを押すと足にまで響く!」と、ご自身の悪いところをしっかり感じられていました。

 

変形があっても症状は改善します

腎臓を揉んで炎症を散らし、緊張を緩めると、嘘のようにまず足のしびれが引きました。2回目の施術で長時間歩いても大丈夫だった、3回目の施術後にはかかとで立てるようになったと喜ばれ、圧迫がどれほど神経症状に影響するかが明らかになりました。

 

背骨の変形は周りの筋肉や内臓を揉んで少しずつ緩やかに変化していきました。100%変形が元に戻ったわけではありませんが、それでも痛みやしびれといった症状は改善します。圧迫がなくなるほどに変形も戻っていくでしょう。

 

Tさんの場合は左の腎臓でしたが、”圧迫するもの”の可能性は右の腎臓、腸、大腰筋、胃のガスの場合もあります。

 

もう少し言うと、慢性腰痛や椎間板ヘルニア、すべり症などの腰にまつわる症状の”圧迫するもの”も同じです。わごいちが腰の症状改善を得意とする理由は、おなかの中に原因を見つけ、その原因を取り除くからなのですね。

 

おなかを揉むから分かることがあります

腰部脊柱管狭窄症の一般的治療法がなぜ”保存的治療”と”手術”という対症療法に終わってしまうのか、それは変形した腰の骨だけを見て変形を治そうとするからでしょう。

 

変形させる”圧迫”に目を向ければ、腰の骨だけでなく周りの筋肉や内臓、そして身体全体から症状の原因を見つける必要があります。

 

手術をするしかないと言われている方も、痛み止めを飲み続けている方にも、おなかを揉めば本当に治すべきところが見つかる可能性があります。

 

ただ揉むだけではありません。揉んでちゃんと異常を見つけること、そうして原因となる炎症などを解消していくこと。

 

わごいち独自の技術が皆様のお力になれることと思います。お困りの方がいらっしゃいましたら、どうぞ一度ご相談ください。

 

 

井上紙鳶

 

       

できる限り短期通院で症状改善を目指す「わごいち整体コース」のご案内↓